心配なら鍵の交換をお勧めします

以前、テレビで鍵を扱うプロの方に、針金などを使って鍵が開くかどうかをやってもらうという実験をしていました。
一戸建て・マンションの区別なく、空き巣が多発していたため、防犯を考えての取り組みの検証でした。
鍵のプロがしばらく針金をいじっていると、カチャリとあっけなく鍵が開きました。
この針金などを使って鍵を開けることをピッキングというそうですが、通常の鍵穴だと、いとも簡単に開けることができるのだそうです。
もしも家賃の安いアパートやマンションに住むことになったのなら、せめて自分で鍵の対策をしないと、安心して貴重品を置いて外出することもできません。
そこで、大家の許しを得て鍵の交換を申し出ることをお勧めします。
また、一戸建てであっても、古いドアだと簡単に鍵は破られてしまうことでしょう。
最新式の鍵なら、お手頃価格のものであってもピッキング対策に優れた威力を発揮します。
また、街中のスペアキーを作るところでは作れない複雑な作りになっているものもありますから、こうした鍵を選んで交換するのが望ましいと思います。
鍵の交換というのは、たいていは被害にあってから、苦々しい思いで行うことが多いと思われますが、そんな思いをしなくて済むように、まず先手を打って危なそうな鍵かどうか、調べてもらうのもいいと思います。
その結果、簡単に開いてしまうような鍵だったとしたら、間違いなく速やかに交換すべきです。
もともとの鍵の交換がむずかしい場合は、補助錠をとりつけるなどの方法もありますから、まずは鍵の専門家に相談をもちかけ、安全な鍵の確立を目指すのがいいと思います。
それが犯罪からも盗難からも、家と貴重品を守る砦となるのですから、善は急げでしょう。
鍵が無事に新しいものに交換され、セキュリティもより高まれば、外出していても安心ですし、家の中にいるときも安心です。
ドアが丈夫なことも大事ですが、なんといっても鍵の役割は大きいと思います。

Categories: 鍵交換